ひたちなか中央クリニック/形成外科・皮膚科

戸の形成外科で粉瘤・巻き爪・腱鞘炎を治すなら【ひたちなか中央クリニック】へ~粉瘤対処はセルフケアせず形成外科へ~

粉瘤(ふんりゅう)の対処法

粉瘤とは、角質や垢などが老廃物として出されずに、嚢胞(のうほう)として留まってできる腫瘍です。粉瘤は、皮膚細胞の死骸が大部分を占めています。粉瘤をそのまま放置しておくと、タンパク質や脂肪の分解により膿が溜まって臭いがし、嚢腫も巨大化していきます。セルフケアが難しく、指で押しつぶしても雑菌が入りこむことがあります。炎症や化膿して悪化してしまう可能性も考えられるため、自分で治そうとせずに専門医のもとで適切な診療を受けましょう。形成外科や皮膚科などでは、外科手術により嚢腫を摘出することで再発を防ぐことができます。

水戸の形成外科で粉瘤の摘出をするなら

水戸の形成外科で粉瘤の摘出をするなら

水戸の形成外科で粉瘤の摘出をするなら、【ひたちなか中央クリニック】へご相談ください。粉瘤は年齢や性別を問わず、誰にでも起こりうる可能性があります。ニキビと間違えやすいこともあり、つい自分でつぶしたりそのままにしてしまいがちです。痛みや臭いなどもないからと放置しておくと、ますます悪化する恐れがあります。

形成外科・皮膚科の【ひたちなか中央クリニック】では、粉瘤の摘出の適切な治療を行っています。美容目的ではない粉瘤治療には、医師の診察後に適応が可能であれば健康保険を利用しての加療も可能です。

水戸の形成外科で巻き爪・腱鞘炎を治す

水戸の形成外科で巻き爪・腱鞘炎を治す

水戸の形成外科【ひたちなか中央クリニック】では、巻き爪腱鞘炎も対応させていただくことができます。水戸からも交通の便が良く、通院いただきやすいクリニックです。巻き爪の原因として、巻き爪になりやすい形の遺伝、加齢により爪が乾燥して縮む、深爪などによる爪の切り方、先の狭い靴や尖った靴を日常的に履くことの多い方、つま先に負荷のかかるスポーツや運動をしている方などが巻き爪の大半を占めています。

軽度の巻き爪ならば、比較的早く治りますが、そのままにしておくと日常生活に支障をきたす場合もありますので、早めの診療をおすすめします。腱鞘炎でお困りの方も、形成外科に対応する【ひたちなか中央クリニック】へご相談ください。

お役立ちコラム

水戸で形成外科をお探しなら【ひたちなか中央クリニック】へ

医院名 ひたちなか中央クリニック
住所 〒312-0052 ひたちなか市東石川3-20-8
電話番号 029-212-7800
ご予約 ご予約はこちらから
URL https://hitachinaka-clinic.com/
診療内容 皮膚科一般、全身の傷や傷痕、いぼ・ほくろ、爪のトラブル、多汗症・腋臭症ほか 眼瞼下垂、いぼ・ほくろ、シミ・アザ、重瞼(二重)術、ピアス、脱毛レーザー、若返りレーザーほか
説明 ひたちなか市や水戸市周辺で皮膚科・形成外科をお探しなら勝田駅前の『ひたちなか中央クリニック』へお越しください。