ひたちなか中央クリニック/形成外科・皮膚科

たちなかの皮膚科で体表面(やけど・いぼ・湿疹)の総合外科なら~やけど(火傷)の深さについて~

ひたちなかの皮膚科でいぼ・ほくろなどの体表面の相談なら

ひたちなかの皮膚科でいぼ・ほくろなどの体表面の相談なら

ひたちなか皮膚科・形成外科の診療が可能なクリニックをお探しでしたら、全身の傷や肌、爪といった体表面のお悩みに対応した【ひたちなか中央クリニック】へご相談ください。

院内・受け付けには雑誌や天然水サーバーをご用意しており、待合室も広々としたスペースで診療をお待ちいただけます。キッズスペースもご用意していますので、クリニック利用がはじめての方やお子様連れの方もご安心ください。いぼ・ほくろ・湿疹をはじめ幅広く対応可能です。ひたちなかの皮膚科なら【ひたちなか中央クリニック】へ。

やけど(火傷)の深さにも種類がある

一般的に、人間の皮膚は「表皮」「真皮」「皮下脂肪」の3層に分けられており、万が一やけどを負った場合はその深さによって症状が異なります。

Ⅰ度熱傷

表皮レベル・軽度のやけど(日焼けと同様)で、皮膚が赤くなってヒリヒリします。大半は自然治癒し、傷跡を残すこともありません。

II度熱傷

真皮の深層まで損傷が及び、赤い腫れと水ぶくれができるのが特徴です。軽度の場合は痛みが少なく跡も残りにくいですが、深い場合は痛みが強く傷跡が残るケースもあります。

III度熱傷

皮膚の深い組織まで損傷が達してしまうIII度熱傷は、神経が焼き焦げて感覚が失われると無痛覚になります。やけどの跡が残るだけでなく機能障害を残すケースもあります。

ひたちなかの皮膚科で湿疹に関する悩みなら【ひたちなか中央クリニック】にお任せ

ひたちなかの皮膚科で湿疹に関する悩みなら【ひたちなか中央クリニック】にお任せ

ひたちなかで皮膚科をお探しなら【ひたちなか中央クリニック】へご連絡ください。ただ病気を治すのではなく、患者様の生活の質「Quality of Life」の向上に貢献することを目指しており、一人ひとりにあった治療を提供いたします。

施術内容や料金価格に関するご相談にも対応していますので、体表面(やけど・いぼ・湿疹)のトラブルでしたらお気軽にお問い合わせください。

お役立ちコラム

ひたちなかで皮膚科をお探しなら【ひたちなか中央クリニック】へ

医院名 ひたちなか中央クリニック
住所 〒312-0052 ひたちなか市東石川3-20-8
電話番号 029-212-7800
ご予約 ご予約はこちらから
URL https://hitachinaka-clinic.com/
診療内容 皮膚科一般、全身の傷や傷痕、いぼ・ほくろ、爪のトラブル、多汗症・腋臭症ほか 眼瞼下垂、いぼ・ほくろ、シミ・アザ、重瞼(二重)術、ピアス、脱毛レーザー、若返りレーザーほか
説明 ひたちなか市や水戸市周辺で皮膚科・形成外科をお探しなら勝田駅前の『ひたちなか中央クリニック』へお越しください。