ひたちなか中央クリニック/形成外科・皮膚科

戸の形成外科【ひたちなか中央クリニック】は二重まぶた・眼瞼下垂のご相談も~二重まぶたのセルフケア~

水戸の形成外科で二重まぶたの治療なら 

水戸の形成外科で二重まぶたの治療なら 

水戸形成外科二重まぶたの治療を検討されている方は、水戸からもアクセス便利なひたちなか市にある【ひたちなか中央クリニック】へご相談ください。【ひたちなか中央クリニック】で行う二重手術には、埋没法と切開法の2種類があります。

埋没法はプチ整形としても人気のあるメスを使用しない手術で、医療用糸と針で行います。メリットとして短時間の手術・ダウンタイムが短い・腫れが少ない・抜糸可能で修正可能・術後の効果がすぐにわかる、といったメリットがあります。

切開法は、皮膚を切開することで埋没法と比較しても二重ラインが取れる心配がなく半永久的に二重ラインを維持できます。埋没法が難しい方でも、二重を作ることが可能です。

美しい二重まぶたを維持する方法

形成外科などの医療機関で二重まぶたにした後は、美しい二重まぶたを維持する方法もチェックしておきましょう。ご自宅でも簡単にできる方法の1つが、「温める」・「冷やす」を交互に繰り返すこと。元々二重まぶたの方でも、むくみや疲れが原因で一重になってしまうことがあります。蒸しタオルと冷水で濡らしたタオルを瞼の上に数分ずつ、交互に2~3回程度のせることで血のめぐりを循環させてみてください。まぶたのむくみが解消し、二重に戻りやすくなります。眉間~眉じりをやさしくセルフマッサージするのもいいと思います。

水戸の形成外科で眼瞼下垂の診療を受ける

水戸の形成外科で眼瞼下垂の診療を受ける

水戸の形成外科で眼瞼下垂の受診をお考えの方いらっしゃいませんか?ひたちなか市にある形成外科・皮膚科の【ひたちなか中央クリニック】は二重まぶたの治療とあわせて、眼瞼下垂のご相談も承っています。

睡眠時間は十分にとっているのに、よく眠たそう・疲れていそうといわれる方は、もしかすると眼瞼下垂症のかもしれません。眼瞼下垂症は上まぶたの下垂でまぶたが開きづらくなり、ものが見えづらいなる症状です。先天性眼瞼下垂と後天性眼瞼下垂の2種類があり、肩こり・頭痛・不眠やめまいを起こす可能性があります。

【ひたちなか中央クリニック】では眼瞼下垂の治療は健康保険で可能ですので、眼瞼下垂でお悩みの方は一度ご相談ください。

お役立ちコラム

水戸で形成外科をお探しなら【ひたちなか中央クリニック】へ

医院名 ひたちなか中央クリニック
住所 〒312-0045 ひたちなか市勝田中央1-2 win-win104
電話番号 029-212-7800
ご予約 ご予約はこちらから
URL http://hitachinaka-clinic.com/
診療内容 皮膚科一般、全身の傷や傷痕、いぼ・ほくろ、爪のトラブル、多汗症・腋臭症ほか 眼瞼下垂、いぼ・ほくろ、シミ・アザ、重瞼(二重)術、ピアス、脱毛レーザー、若返りレーザーほか
説明 ひたちなか市や水戸市周辺で皮膚科・形成外科をお探しなら勝田駅前の『ひたちなか中央クリニック』へお越しください。