ひたちなか中央クリニック/形成外科・皮膚科

ーリングで気をつけたいポイント

「陶器のような白い肌」は女性なら誰もが憧れる美しい肌の象徴です。美しい肌を作るには、セルフケアや皮膚科でのケアが欠かせません。ピーリングは肌ケアの一つですが、やり方を間違えると肌に負担を与えてしまいます。美しい肌を手に入れるためにも、ピーリングについて正しい知識を身に付けておきましょう。

日焼け

日焼け

ピーリング前後で最も注意していただきたいのが「日焼け」です。ピーリング前に日焼けをしてしまうと、炎症を起こしている部分の細胞をさらに傷つけてしまいます。また、ピーリング後は肌が表にむき出しになっている状態ですので、紫外線からのダメージを直に受けて炎症を起こしたり、シミができたりします。

日焼け後にピーリングをする場合は、約2週間~1ヶ月後に行うことをおすすめします。また、ピーリング後は日焼け止めを入念に塗ったり、日傘を使ったりして紫外線対策を行うようにしましょう。

乾燥肌・敏感肌はセルフピーリングNG

ひどい乾燥肌・敏感肌の方は、セルフピーリングを避けるようにしましょう。乾燥肌や敏感肌の方は、元々肌をダメージから守るバリア機能が低下している状態です。そのため、少しの刺激でも肌の水分を保てずに乾燥しがちで、痛みを感じやすくなっています。乾燥肌や敏感肌の方は、肌を刺激から守り、保護することが先決です。ピーリングをするなら肌のことを熟知しているプロに任せるのが安心です。

ピーリングのし過ぎ

ピーリングのし過ぎ

ピーリングは肌のターンオーバーを正常にする役割がありますが、やり過ぎると肌が硬くなり肌トラブルが起きやすくなります。ピーリングをやり過ぎると必要な角質まで取り去ってしまい、肌を守るバリアが剥がされてしまいます。

そのため、必要以上にピーリングをしないことが、肌を健康的に保つ秘訣といえます。また、適度なピーリングと同時に、年齢とともに減少していく水分量・油分量・セラミドを補給することも大切です。

ピーリングをするならセルフケアではなく、プロにお任せください。当院はひたちなか市にある皮膚科で、シミ・ほくろニキビなど様々な肌トラブルに対応しています。適切な肌ケアを受けることで、肌の若返りを期待することができます。ピーリング以外にもレーザー脱毛、爪トラブル、多汗症・腋臭症などのご相談も承っています。

ひたちなかでピーリングなら皮膚科『ひたちなか中央クリニック』をご利用ください。

ひたちなかでピーリングなら【ひたちなか中央クリニック】 概要

医院名 ひたちなか中央クリニック
住所 〒312-0045 ひたちなか市勝田中央1-2 win-win104
電話番号 029-212-7800
ご予約 ご予約はこちらから
URL http://hitachinaka-clinic.com/
診療内容 皮膚科一般、全身の傷や傷痕、いぼ・ほくろ、爪のトラブル、多汗症・腋臭症ほか 眼瞼下垂、いぼ・ほくろ、シミ・アザ、重瞼(二重)術、ピアス、脱毛レーザー、若返りレーザーほか
説明 ひたちなか市や水戸市周辺で皮膚科・形成外科をお探しなら勝田駅前の『ひたちなか中央クリニック』へお越しください。

Column

湿疹を防ぐには?なぜ医療脱毛は人気があるのかピーリングは皮膚科がおすすめワキガで悩んでいる方にまぶたが重い眼瞼下垂症について「いぼ」や「ほくろ」は形成外科で取り除こう永久脱毛に良くある誤解ピーリングで気をつけたいポイントワキガ治療は怖くない巻き爪の治療は形成外科へ