ひたちなか中央クリニック/形成外科・皮膚科

「いぼ」や「ほくろ」は形成外科で取り除こう

いぼ」や「ほくろ」がある場合、自己治療を試みる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、「いぼ」や「ほくろ」は自己治療を行うとリスクを負ってしまう可能性もあるため、あまりおすすめできません。安全確実に除去したいのであれば、ひたちなか市にある形成外科・皮膚科の当院にぜひお任せください。

自己治療はなぜリスクを負うのか?

自己治療はなぜリスクを負うのか?

「いぼ」の中にはウイルスが原因で発病するものがあり、仮にウイルス性の「いぼ」を手で触ってしまったり、正しくない治療を施してしまったりすることで、様々な部位に感染する可能性があります。

一方「ほくろ」も一見良性のように見えるものでも、実は悪性の腫瘍である場合もありますので、自己判断で治療を行うのではなく、しっかりと形成外科で相談することが大切です。

「いぼ」と「ほくろ」の種類

いぼ

「いぼ」は、手や足など接触することが多い場所にできる尋常性疣贅やウイルスの接触感染で発症する伝染性軟属腫、加齢によって発生する老人性疣贅、足の裏にあらわれる足底疣贅など、様々な種類があります。そのため、「いぼ」がある場合はどの種類の「いぼ」なのかを把握することが大切です。

ほくろ

「ほくろ」は主に色素性母斑と単純黒子の2種類に分けることができます。色素性母斑は巨大なものから小さなものまで様々な大きさがある「ほくろ」で、母子細胞が重なることで盛り上がっていくことが特徴です。単純黒子は厚みがあまりない「ほくろ」で、一見するとシミに見えることもあります。

「いぼ」と「ほくろ」の治療方法

「いぼ」と「ほくろ」の治療方法

「いぼ」と「ほくろ」の治療には、CO2レーザーを使用します。CO2レーザーは水に反応する特徴があり、皮膚組織内にある水分に吸収されることで、熱エネルギーを発生させます。その熱エネルギーによって患部組織が蒸発し、患部だけを綺麗に切除することができます。

形成外科・皮膚科の当院では、このCO2レーザーを用いて「いぼ」や「ほくろ」の治療を行います。日帰り手術が可能ですので、忙しい方でも気軽に治療を受けることができます。

「いぼ」や「ほくろ」にお悩みの方は、ひたちなか市にある形成外科・皮膚科の当院にお越しください。湿疹などの皮膚疾患やけどの治療なども行っておりますので、お悩みの方はお気軽にご相談ください。発生部位や形体によりますが、当院ではホクロは6mmまでならCO2レーザーで治療可能です。それ以上の場合は切除のほうがきれいに仕上がります。また、美容目的ではなく、医師の診察後に適応があれば健康保険での加療が可能です。「いぼ」「ほくろ」以外にも「粉瘤」や「脂肪腫」などのあらゆる「できもの」にも対応可能ですので、お気軽にご相談ください。

ひたちなかでやけどや湿疹のお悩みなら皮膚科の『ひたちなか中央クリニック』へお越しください。

ひたちなかの皮膚科【ひたちなか中央クリニック】 概要

医院名 ひたちなか中央クリニック
住所 〒312-0045 ひたちなか市勝田中央1-2 win-win104
電話番号 029-212-7800
ご予約 ご予約はこちらから
URL http://hitachinaka-clinic.com/
診療内容 皮膚科一般、全身の傷や傷痕、いぼ・ほくろ、爪のトラブル、多汗症・腋臭症ほか 眼瞼下垂、いぼ・ほくろ、シミ・アザ、重瞼(二重)術、ピアス、脱毛レーザー、若返りレーザーほか
説明 ひたちなか市や水戸市周辺で皮膚科・形成外科をお探しなら勝田駅前の『ひたちなか中央クリニック』へお越しください。

Column

湿疹を防ぐには?なぜ医療脱毛は人気があるのかピーリングは皮膚科がおすすめワキガで悩んでいる方にまぶたが重い眼瞼下垂症について「いぼ」や「ほくろ」は形成外科で取り除こう永久脱毛に良くある誤解ピーリングで気をつけたいポイントワキガ治療は怖くない巻き爪の治療は形成外科へ