ひたちなか中央クリニック/形成外科・皮膚科

ぶたが重い眼瞼下垂症について

普段生活している中でまぶたが重いと感じたことはありませんか?まぶたが重く、人から眠たそうと言われたことのある方は眼瞼下垂症かもしれません。眼瞼下垂症とは、どのようなものなのでしょうか?当院は、眼瞼下垂症や二重まぶたなどの治療を行う形成外科です。

眼瞼下垂症ってどんなもの?

眼瞼下垂症ってどんなもの?

眼瞼下垂症とは、上まぶたの筋肉が弱まり眼を十分に開くことができない状態になることです。眼瞼下垂症には様々な原因があります。

主な原因としては、生まれつきまぶたが垂れ下がっている先天性眼瞼下垂、長い間ハードコンタクトを使用していたり、花粉症・アトピーで目をこすったりすることでおこる後天性眼瞼下垂の2つがあります。眠たそうに見え、ぼんやりしている印象を与えるのが眼瞼下垂症の特徴です。

眼瞼下垂症の度合い

正常な眼の場合は、上まぶたが黒目のフチにかかっていません。しかし、眼瞼下垂症軽度の場合、上まぶたが瞳孔と黒目のフチにある状態になります。中度の場合は、上まぶたが瞳孔の上半分にかかっています。眼瞼下垂症が強度になってくると、上まぶたが瞳孔の下半分までかかり視界がとても狭くなります。進行度合いは、片眼だけだと見た目でも気がつきやすいですが、両目の場合は気付かないことも多くあります。視界が狭く、肩こりや頭痛がひどいという方は、鏡などで一度しっかりと確認してみることが大切です。

眼瞼下垂症で起こる様々な症状

眼瞼下垂症で起こる様々な症状

眼瞼下垂症が起こると、視界が狭くなり自然と眼を大きく開けようとします。その際に、おでこの筋肉と一緒に肩や首の筋肉も使用するため、肩こりや頭痛が起こる原因となってしまいます。

他にも、上まぶたを開けようとする際、自律神経と繋がりのあるミュラー筋を動かしており、筋肉が緊張し自律神経を刺激します。自律神経を刺激することで、不眠やめまいを引き起こしてしまいます。

ひたちなか市や水戸市で眼瞼下垂症改善のための形成外科をお探しの方は、ぜひ当院をご利用ください。当院では、眼瞼下垂症だけではなく、巻き爪粉瘤腱鞘炎の治療も行っております。他にも、医療レーザー脱毛や二重まぶたなどの治療も行っておりますので、形成外科・皮膚科をお探しの方はぜひ当院へお越しください。

腱鞘炎や腱鞘炎等の症状は形成外科へ。『ひたちなか中央クリニック』では眼瞼下垂症や二重まぶた等の形成外科治療を行っております。

水戸の形成外科【ひたちなか中央クリニック】 概要

医院名 ひたちなか中央クリニック
住所 〒312-0045 ひたちなか市勝田中央1-2 win-win104
電話番号 029-212-7800
ご予約 ご予約はこちらから
URL http://hitachinaka-clinic.com/
診療内容 皮膚科一般、全身の傷や傷痕、いぼ・ほくろ、爪のトラブル、多汗症・腋臭症ほか 眼瞼下垂、いぼ・ほくろ、シミ・アザ、重瞼(二重)術、ピアス、脱毛レーザー、若返りレーザーほか
説明 ひたちなか市や水戸市周辺で皮膚科・形成外科をお探しなら勝田駅前の『ひたちなか中央クリニック』へお越しください。

Column

湿疹を防ぐには?なぜ医療脱毛は人気があるのかピーリングは皮膚科がおすすめワキガで悩んでいる方にまぶたが重い眼瞼下垂症について「いぼ」や「ほくろ」は形成外科で取り除こう永久脱毛に良くある誤解ピーリングで気をつけたいポイントワキガ治療は怖くない巻き爪の治療は形成外科へ