ひたちなか中央クリニック/形成外科・皮膚科

湿疹を防ぐには?

湿疹を防ぐには?

湿疹は皮膚に炎症を引き起こす疾患を指します。お肌にブツブツができる程度から、肌が赤くかぶれる皮膚炎まで原因によって様々な症状が現れます。ここで湿疹を防ぐポイントについて、ご紹介いたします。

顔にできやすい湿疹

湿疹の種類はたくさんありますが、代表的なものとして接触性皮膚炎、脂漏性皮膚炎、アトピー性皮膚炎などが挙げられます。

接触性皮膚炎

接触性皮膚炎とは皮膚に何らかの物質が接触して直接作用やアレルギー反応によって肌を刺激して引き起こされる湿疹病変のことです。接触性皮膚炎を「かぶれ」と呼ぶこともあります。かゆみや腫れが発生し、小水疱や紅斑が現れることも多いです。原因として油分や香料、保存料やアルコール、化粧品や紫外線、金属や化学薬品、動物や植物などが考えられます。
皮膚科での治療は、パッチテストを行って原因を特定し、ステロイド外用薬が使用されることが多いです。

脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎は脇の下や顔面など、皮脂の分泌が多い部位で発症します。顔面ではかゆみは生じませんが、頭部に発症するとかゆみが起こることもあります。原因としてカビの1種であるマラセチア菌による強い刺激や、思春期によく見られる皮脂分泌機能の異常などが考えられます。
皮膚科での治療は、マラセチア菌を殺す抗真菌薬、ステロイド外用薬などを使用します。

アトピー性皮膚炎

アレルギー反応を起こしやすい体質や皮膚のバリア機能が低下している事を背景として、さらに様々な悪化因子が加わって症状をおこします。患者様によって原因は異なり、一人の患者様でも低湿度環境や発汗、過労やストレスなど時期によって様々な要因が関与します。アトピー性皮膚炎は正しい治療を根気よく続ける必要があります。血液検査やスクラッチテストなどで原因を特定し、ステロイド外用薬、抗アレルギー薬、抗ヒスタミン薬などで治療を行います。

予防について

予防について

湿疹の予防は原因物質を避けることから始まります。どうしても接触する場合は、皮膚を守るために手袋をするなどの工夫が必要です。皮膚の免疫力をあげるために、規則正しい生活やバランスの良い食生活が欠かせません。保湿を意識してお肌の乾燥を防ぎ、紫外線から皮膚を守るため長袖を着るなどの対策も効果があります。

湿疹が現れた場合は放置せず、できるだけ早く皮膚科を受診してください。
茨城県ひたちなか市にある当院は、形成外科・皮膚科クリニックです。湿疹に関する診断も行っています。また「いぼ」や「やけど」でお困りの方もご利用ください。症状によっては日帰り手術で済む場合もあります。常に患者様の気持ちに添った治療を心がけていますので、ひたちなか市のお近くにお住まいの方は、お気軽にご相談ください。

ひたちなかでやけどや湿疹のお悩みなら皮膚科の『ひたちなか中央クリニック』へお越しください。

ひたちなかの皮膚科【ひたちなか中央クリニック】 概要

医院名 ひたちなか中央クリニック
住所 〒312-0045 ひたちなか市勝田中央1-2 win-win104
電話番号 029-212-7800
ご予約 ご予約はこちらから
URL http://hitachinaka-clinic.com/
診療内容 皮膚科一般、全身の傷や傷痕、いぼ・ほくろ、爪のトラブル、多汗症・腋臭症ほか 眼瞼下垂、いぼ・ほくろ、シミ・アザ、重瞼(二重)術、ピアス、脱毛レーザー、若返りレーザーほか
説明 ひたちなか市や水戸市周辺で皮膚科・形成外科をお探しなら勝田駅前の『ひたちなか中央クリニック』へお越しください。

Column

湿疹を防ぐには?なぜ医療脱毛は人気があるのかピーリングは皮膚科がおすすめワキガで悩んでいる方にまぶたが重い眼瞼下垂症について「いぼ」や「ほくろ」は形成外科で取り除こう永久脱毛に良くある誤解ピーリングで気をつけたいポイントワキガ治療は怖くない巻き爪の治療は形成外科へ